講 義

熊谷の講義に関する案内・連絡事項を掲載しています。講義資料もリンクしています。講義に関係無い方も、基本的に引用は自由ですが、その際はご連絡いただけると”励み”になります。
引用の際は、作者(熊谷朝臣:Kumagai, Tomo'omi)と
出典(http://tomo-kumagai.eco.coocan.jp/class_j/class_j.html)の
表記は、お願いいたします。


 

ミニマム・リクワイアメント —熊谷の講義・指導を受けるために最低限必要なこと

さすがに、大学教養課程を終え理系学部に進んだ学生ならば知っておかなければならない基礎というものがあります。それを知らない学生は「自分は理系学部の学生である」と言ってはいけない、という基礎です。それを知らない理系学部学生は「自分は恥ずかしい」と思わなければならない基礎です。

 ここでは、そんな基礎を学ぶための教材を紹介します。熊谷の講義は、以下の教材の内容を理解しているという前提で行います。もちろん、以下の教材の学習は強制ではありません。「既に、この程度なら理解している」とか「(講義の成績評価は自己責任によるので)履修に、この教材の必要性を感じない」と考えるならば教材の学習は不必要です。しかし、知らないこと・分からないことが少しでもあるなら、やはり以下の教材の学習をお奨めします。覚えておいて欲しいのは、私は決して無茶を言ってるのでは無い、ということです。理系学部に進んだ学生が以下の教材にあるような基礎理系科目を習得していないのは、やはり何かがおかしい、と認識して欲しいのです。

 もう一つ覚えておいて欲しいことです。熊谷は、以下の教材に関するいかなる質問も受けます。質問があったら、いつでも熊谷の部屋を訪れて下さい。

 熊谷の研究室に所属し、研究指導を受けようとする学生にとっては、以下の教材の学習は強制となります教材の完全なる理解は、指導を受ける大前提です。教材の習熟無しでは、「熊谷の発する言葉は、ほとんど理解不能になる」でしょう。今は分からなくて良いですが、例えば、データを得て、行列計算の基礎や固有値問題を知らずに、どう主成分分析ができるでしょう?フーリエ級数を知らずに、どうスペクトル解析するのでしょう?そんな基礎は、全て以下の教材で学ぶ事ができます。

 研究室に所属する・しようとする学生に向けての言葉です:こんな基礎理系科目を理解していないとは・・・というレベルでしか解析されていない研究を、卒業・修士・博士論文で認めることはありません。知っていれば誰でもできる/必ずやること、ってのがあるんです。東京から京都へ出張しなければならないとき、ほんの60年前なら、前日以前に出発する必要があったでしょう。今、新幹線でも飛行機でも、当日出発で間に合うことは誰でも知っています。・・・基礎から繋がる適切な解析技術を知らない人は、前日以前に京都に出発しなければならないと考える人のようなものです。そんな愚かな研究、やりたくないですよね。

数学教材

 以下は、筑波大学生命環境系の奈佐原顕郎先生の作成した数学教材です。高校レベルの基礎から理系学部学生が習熟すべき応用まで包括的に、こんなにも難しい内容を分かり易く説明した、最高にバランスのとれた数学教材は、他に無いと思っています。「はじめに」から各所にあるコラムに至るまで語りかけられる「勉強の心構え」が秀逸です。ここだけでも読んで欲しいものです(できれば、全部読んで欲しいものです)。
  教材中に誤植を見つけたり、「こうした方が良い」というような改善点を思いついたりしたら、是非、奈佐原先生に連絡して下さい。みなさんの協力が、この素晴らしい教材をもっと素晴らしいものにするかも知れません。

 ・ 平成28年度 筑波大学生物資源学類 数学リメディアル教材 (奈佐原顕郎先生 著) [PDF]

 ・ 平成28年度秋学期 筑波大学生物資源学類 生物資源の基礎数学教材 (奈佐原顕郎先生 著) [PDF]

 


 

森林保全学

平成29年度 S1ターム(4月5日~6月4日)木曜2限(10:25~12:10)、SP(6月5日~9月20日) 
対象:森林環境資源科学・森林生物科学専修 3年生
講義室:農学部1号館1階 第6講義室

森林保全学と銘打ってますが、一般に考えられる「森林を保全する活動・方策」についてではなく「森林を保全する活動・方策を確固たるものにするための基本となる科学」についての講義です。そこでは、森林の環境の状態を表現するために物理学、そこに生きる生き物を表現するために生物学を必要とします。そして、物理学・生物学の基本が必要なのは間違いありませんが、それだけでは不十分で、これらを繋ぐ科学:生物と物理環境の境界を扱う生物環境物理学が必要です。本講義は、皆さんに、この生物環境物理学の基本を教え、森林保全活動の入り口まで案内することを目標としています。

第1回(4/6) オリエンテーション  [PDF]