森林科学専攻 森林生物地球科学研究室

経歴 | 研究 | 出版物 | 仲間 | 資料 | 講義 | blog2013年以前はこちら | リンク

キーワード: 陸上生態系―気候間相互作用,陸上生態系動態,気候変動,生物環境物理学,水文気象学,
生態水文学,森林水文学,林学,植物生理生態学,微気象,熱帯林,地球水循環


2019年現在の私の研究目的です。生涯で大きく変わることは無いでしょう。





生物地球科学者 熊谷 朝臣
Biogeoscientist Tomo'omi Kumagai

 
地球の物理環境(エネルギー・水循環、温室効果ガス濃度、気候など)と生物圏の相互作用を調べています。例えば、 森林は、ある程度の降水量の下で成立しますが、その蒸発散によって大気に水蒸気を供給し、その地域の降水量を補償します。 つまり、森林と気候の間には、お互いの存在を支えあう相互作用があるのです。

 そんな物理環境と生物のあらゆる相互作用を解き明かしていくことが私の研究者人生の目標です。


KUMAGAI ニュース

僕の研究が東京大学農学生命科学研究科ホームページで紹介されています。
 2020年10月記事 | 2020年9月記事
 2020年6月記事 | 2018年11月記事 | 2017年10月23日記事 | 2017年10月11日記事

『令和2年(2020)日本森林学会賞』を戴きました。業績「東南アジア熱帯島嶼域における森林破壊が引き起こす気候変化」に対してです。言うまでもないことですが、僕一人の力でどうこうなる話ではなく、一緒に研究してくれた仲間のおかげです。また、ご推薦いただいた先生あってのことです。この場を借りて、厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。これからも益々精進する所存です。(2020年2月)

12月20日(金)午後8時00分、12月26日(木)午前9時00分(再放送)NHK BS1にてBS1スペシャル「大火災 森林・都市を襲うメガファイアの脅威」が放映されます。 僕は、2019年のアマゾンの大森林火災はなぜ起きたか?火災で森林が失われるということが、次に地球環境に何を引き起こすのか?を解説してます。 特に、森林破壊によって森林蒸発散が失われることで、気候変動が加速されることを強調しました。是非ご覧ください(2019年12月)

僕の研究が東京大学農学生命科学研究科広報誌『弥生』で紹介されています。No.69 2019年秋号1~2ページに登場です。是非ご覧ください(2019年11月)

僕の研究が東京新聞3月27日付朝刊で紹介されました。記事はこちらへ。(2017年3月)

「ボルネオ熱帯林域でのアブラヤシ農園の拡大が環境に及ぼす影響の評価」のためのフラックスタワーが完成しました。詳しくはこちらへ。(2016年8月)

イギリス王室・チャールズ皇太子主催の「熱帯林保全事業」に招待され、セント・ジェームス宮殿で行われた会議に出席しました。詳しい記録は、こちら(経緯会議の様子)へ。(2013年5月)

僕の研究が中日新聞7月26日朝刊一面で紹介されました。記事はこちらへ。(2012年7月)

僕が代表の課題「北東ユーラシア・東南アジア熱帯における気候・生態系相互作用の解明と気候変動に対する生態系影響評価」が文部科学省の気候変動リスク情報創生プログラムで採択されました。詳しくは、こちらへ。(2012年6月)




連絡先   森林生物地球科学研究室
            東京大学 大学院農学生命科学研究科 森林科学専攻
            〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
            TEL. 03-5841-8226
            E-mail: tomoomikumagai[at]gmail.com
 

© 2016 熊谷 朝臣